堤防の春はどんなでしょうか?

4月の堤防釣りはシーズンと釣りものによるもののいい思いしたことない。となると、混んでないというのを優先して少々お出かけになる。そして、釣れなくても風光明媚を楽しむといったお題目も出てくるわけで。例年の春釣りは木更津のキス、メバルですが、今年は首都圏を避けて沼津、静浦港に行ってきました。 朝4時満潮の大潮、到着は5時。混んではい…
コメント:0

続きを読むread more

早春の木更津沖堤は潮も悪く。。

昨年末の釣行では人の多さにビビった木更津沖堤防ですが、3月は水温低く、早春の強風も多いため釣果が聞かれず、客も少なかったです。。 晴れの少なかった3月の週末にピンポイントで釣行した日は小潮でしかも干潮周りとなる10時ー16時の釣行。 B堤防の先端は北風がやや強くアウトコースがざわざわと波立っている感じで悪くない。2Bガン玉1号ハ…
コメント:0

続きを読むread more

バチ抜けの季節

エサ釣り専門だったMKZもお誘いに乗ってシーバスを狙ってみることにした。バチ抜けのシーズン満月過ぎの中潮。バチは抜けるか、シーバスファイトを楽しめるか。。 平日の夕方より中川堤防(ほぼ荒川ですが。。)、19時にたどり着くと先行者はお一人だけ。橋脚の近くのポイントに3人で入ってみた。 夜釣りだし、ほぼ初めての釣り方だし、最初はアン…
コメント:0

続きを読むread more

新春外房はスベりました

非常事態宣言の出る前、とはいっても堤防づりほど模範的なソーシャルディスタンスはないと思いますが、平日休暇で外房に行ってみました。webでは景気の良い話も聞こえてくる上、お出かけの当日は無風の晴天。寒いこと以外は何の問題も感じないお出かけ。 いきしなの大多喜街道で釣具店に入り、聞いてみると勝浦で釣れてますよ、と。同じことを考える…
コメント:0

続きを読むread more

寒いのでカワハギ

堤防釣りが大好きな人が船に乗るとしたらカワハギかライトタックル系のコマセ釣り?堤防のシーズンが過ぎればカワハギがおすすめ。 ソーシャルディスタンスの昨今、釣り人気が爆発しており週末の釣具量販店はファミリー、ビギナーの比率が増えてゴタ返す。それと同じように乗合船は満席が多く、行ったことのない葉山出船のカワハギ船に乗り込んでみた。気温…
コメント:0

続きを読むread more

木更津沖堤防はXXXの巣窟!!

青物のシーズン終わった。前半好調で後半不調。ということで釣りは晩秋のターゲット、沖堤防のアイナメとアジ。 2度にわたる釣行の1回目: 朝6時から開始。B堤防の先端で味を狙うも特等席は先客いてちょっと手前のインコースで開始。何投目かにボヨヨンと引き込むのは定番の小アジ=12cm。大物の回遊を待つも、15cmまでの2年生くらいが…
コメント:0

続きを読むread more

内房:大貫港

平日休みは釣りとばかり言ってられない(けど行ってる)ので山の神のご希望で木更津のアウトレットに。長時間の買い物に連れは不要でウィンウィンの考えは3時間ほどお時間いただいて近所の釣り場探索。 木更津のキャスティングでジャリメ1杯と赤イソメ少々(量り売りしてくれる)を仕入れて、25号の天秤でサーフを探る。 そんな命題で、Goog…
コメント:0

続きを読むread more

今年の原海岸は?

さて、昨年、初めてイナダを釣った原海岸に1年ぶりに訪れてみた。品川発こだま号で11時ごろ出かけて13時には釣り始めた。 やや東風(ナライ)の予報があるも、1−3mと絶好。着いてみると青空に静かな海とレジャー的には最高のシチュエーション。しかも誰もいない。。 いやまさにコロナ禍の世において優等生的なレジャーではないか!…
コメント:0

続きを読むread more

さんまがそろそろ旬ですよ!

さんま不漁不漁と叫ばれ、今年も恐ろしい初値がついていましたが一尾200円程度とようやく一服してきた感じ。100円にせい、とか言わないで、200円のサンマを美味しく食べようではないか。 さんまは塩を振って焼くだけで十分おいしいけど、飽きてしまう。三枚に下ろしていろいろやってみました。 三枚おろしの方法は過去ブログ参照。 三枚…
コメント:0

続きを読むread more

なんと3度目今年の宇久須港

シルバーウィークは渋滞が怖いので電車で原海岸とも思ったけど、裏切らない行き先として午後釣行の行き先はまた車で宇久須に。東名でプラス1時間、伊豆中央道でプラス30分の往路渋滞。宇久須につくと朝イチの人たちが帰り始めるのに合わせてそこそこ混んでいた釣り場は空き始めた。 宇久須の午後はほぼ初めてなのであまり期待していないなか、3投目…
コメント:0

続きを読むread more

今年2回目の宇久須港

下記休暇第二弾で平日の釣りならば先客が多い土肥港を、と思っていたが5時半には先客がいたため、ちょっと横に逸れたところから沖に投げてみたもののカマスとチャリコが釣れてきただけ。 先客は両軸受けの遠投竿で100m近く飛ばしてショゴやソウダを上げている。敵わないとみて、宇久須港まで南下。 平日だけあって宇久須は8時ごろ来て…
コメント:0

続きを読むread more

平日釣行記1:熱海海釣り施設で青物狙い

平日に釣りにいくなら考えるのは、ふだん混雑する釣り場の空きをめざすこと。週末は熱海もハイシーズンとあって6時開園はおそらく並ぶだろう。ところが夏季休暇の平日は5時半に到着すると10人しか並んでない。結果的には7時過ぎにノコノコ現れてたとしても釣り場はまばらに空いていたけど。 これまでこのシーズンで東伊豆といえばブリッジ仕掛けに…
コメント:0

続きを読むread more

沼津原海岸の青物はソーシャルディスタンス

前回暴風のため諦めた沼津原海岸にリベンジ釣行。 12時45分の品川発のアクティーに乗って.. 熱海で乗り換えれば2時間ほどで原駅に到着。 南風の微風、波も大人しく絶好のコンディション。沼津がわ1キロ以上離れたところに割とたくさん釣り人がいるものの、エギ氏が100mほど離れている他、原海岸は全然人いない。 12号の…
コメント:0

続きを読むread more

暴風の熱海港は。。

8月はやや早めながら7月の釣行で青物をあげたので隙あらば、と日程を練った。ところが虎の子のその日は南風強い予報。いったん沼津原海岸に下りたったものの向かい風のうえ潮位が低く、釣りにならない。南風に強そうな熱海まで戻ってみるとこんどは西風。熱海海釣り施設に15時に入場するも、「風ですぐ撤収になるかもだから入場料いらないよ」とのこと。 …
コメント:0

続きを読むread more

西伊豆宇久須港の青物

昨年、おかからイナダを初めて釣ったMKZは秋シーズンを待てずに、西伊豆に行くことにしました。朝2時半に都内を出発。5時過ぎからの夏の釣行はいかに? 当初は土肥港を、と思っていたところ小場所に7、8人、入っているのであきらめ南下して宇久須港。かれこれ5回目くらいの訪問かと思いますが、あまりいい思い出がない。到着すると大潮の満潮で…
コメント:0

続きを読むread more

新子

梅雨がなかなか開けない中、豊洲には夏の風物詩が入荷。ご存知、新子はコノシロの稚魚で5、6cm程度またはそれ以下。当然、身に乗る味や香りは強烈ではないものの、酢でシメてさっぱりとさせ、見た目にも美しい新子握りにするためのものと言って過言ではない。綺麗に下ろす技術をアピールする、どちらかと言えば寿司職人の点数評価のためのネタとも言える。堤防…
コメント:0

続きを読むread more

木更津沖堤防でアジが確変中!

パチンコの批判をした筆の乾かぬ間に用語を使ってしまいましたが、木更津でめちゃくちゃいいアジが釣れています。釣り味よし、サイズよし、脂のノリよし。三拍子揃ったのでリポートします。 梅雨時の沖堤防はキスが良いはず。しかしここ3年ほど木更津はキスの方が小さく、また群が遠いため遠投が必要。子供をつれて堤防に乗るならなおさら、遠投の投げ…
コメント:0

続きを読むread more

500回到達!真鯛特集

別に止める理由もなくだらだらと続いた料理釣り日記も14年の歳月で500回となりました。仕事じゃないからいつでもやめられるし止めなくても良いし。。記念すべき500回記事はお魚の王様マダイ。今回は養殖のタイのよさを強調してみた。 天然物の鯛の素晴らしさは、なんといってもその姿でしょう。伊勢海老と並んで慶事に欠かせない天然真鯛の…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ明け?3ヶ月ぶりの堤防釣り

コロナは「明け」たり、「去っ」たりしないので、「自粛明け」が正しい。三崎港に行ってきました。3年連続でカワハギが釣れた夏至の三崎は? 通り矢堤防に朝5時まえに堤防に到着するも、すでに昼くらいの明るさ。先行者はエギでのイカ釣りのお兄さん。足元には昨日以前のおっきな墨跡があって、期待満々のようです。先端部分が空いていたのでかぶらな…
コメント:0

続きを読むread more

パチンコはもうやめにしよう

パチンコ屋の営業規制にかんするニュースが流れる最近ですが、これを機会にパチンコは違法産業にすべきだと思います。30年前ごろから確実に儲かる業種として急成長し、いまでは生活保護者の無駄遣いとかで悪の代名詞となったパチンコ。一昔前の脱法ドラッグと一緒で、危険かつほぼ違法なものです。その毀誉褒貶について昔ちょっとハマっていたmkzが解説します…
コメント:0

続きを読むread more

煮豚とその副産物

豚のかたまりバラ肉ただひたすら1時間煮込めば思いもよらない良きものが生まれます。肉のほか焼酎と煮干し、生姜、調味料だけでOK。 バラ肉だと、400gがよくあるサイズ。湯を2リットルほど沸かしスライスしょうがを4、5枚(写真はチューブの生姜)、腹と頭をとった煮干しを5本くらい、芋焼酎2分の1カップを投入、さらに肉を投入。 …
コメント:0

続きを読むread more

豚骨の作り方

鹿児島料理の豚骨。とんこつといえばラーメンのスープと思ってる方もいますが、薩摩の武士が夜営の際に拵えたとされる鹿児島の郷土料理です。必要なものは豚の軟骨付きバラ肉、麦味噌といも焼酎。時間がかかる料理なのでたくさん作って小分けに冷凍すると良い。 軟骨付きのバラ肉は他の用途が少ないのでスーパーによっては定期的に投げ売りしています。…
コメント:0

続きを読むread more

牛すじ肉のカレー

カレーはチョコレート型の固形のルーを買えば簡単にできる。のになぜ自作するか?それはそっちの方がウマいからです。 自作のルーの一歩目は細かく刻んだ玉ねぎを油で炒めるところから始まる。油はオリーブでもサラダ油でもいいに違いないが、動物の油、しかも、肉を煮て浮かんだ油を使うと一味違う。この記事のレシピは牛すじ。牛すじは相当手を加えな…
コメント:0

続きを読むread more

早春の城ヶ島

3月の三浦に魚はいない。昔から固くそう思っていたけど、友人から「三崎で釣りしたい」との要望あり、佐島の鮮魚店を覗きがてらでかけることにした。 当日は南西の強風、ということで三崎港はアウト。風裏となる城ヶ島の北岸に陣取ってみた。城ヶ島大橋西側で橋から程ほど近い護岸は目の前に船の係留や生簀もなく投げ釣りはかなり広く探れそう。シーズンオ…
コメント:0

続きを読むread more

早春の野島沖ー金沢八景ライトタックルアジ

一昨年も訪れた荒川屋。金沢八景に多数ある釣り船の中でも最大手。希望すれば釣果を料理してもらって飲み会もできるという。今回も午前船でアジを狙う。 沖までの行程10分くらいで、深さ2、30メートル。30号ビシに1.5号ハリスのイワシミンチ、赤タン。片舷14人でほぼ満員。気温は8度くらいでやや風がある。潮は澄み気味の若潮で、あまり潮…
コメント:0

続きを読むread more

甘海老の食べ方!

正式にはホッコクアカエビという名の廉価なエビ。新鮮なものは頭のミソのところまで刺身でおいしいですが、ミソはちょっと時間が経つと黒くなってきてエグみも出る。20尾くらいのパックで売ってることが多いから、全部刺身で食べると、ちょっとクドいと感じる方にアドバイス。 甘海老に限らず、エビの頭のミソのところはオリーブまたはバターと相性が…
コメント:0

続きを読むread more

くえ=九絵

最高級魚です。九州ではアラと呼ばれています。多人数で共同購入すれば怖くない。鍋にすればてっちりが子供の料理に思える恐るべし食材です。 出どころは内緒ですが、キロ5.5千円5キロは消費税入れて3万円。これを25人で食するわけです。クエは扱いを公言している料亭でしか食べられない、一人前10千円を超えるネタなのでマルモノ購入はものす…
コメント:0

続きを読むread more

上総興津の中堤防

外房にアジの姿が戻りつつあるとの情報があり、いつも人の少ない興津港中堤防に。 思いつき釣行でもあり準備も不十分な中、日没直前の17時に実釣開始。先行者は中程で遠投ウキフカセでアジを狙っているらしい。 外房は人気釣り場は人で溢れ、常連が場所取りしたりしているので、人気のない釣り場で穴場を狙うのが良い。この釣り場は平たいテトラが積ま…
コメント:0

続きを読むread more