熱海海釣り施設

1回目の夏季休暇の終わりは電車釣行にすることにした。熱海は横浜からだと1200円くらい。950円増ししてグリーン車または930円増して踊り子自由席使うと電車酒もうまい。11時過ぎに横浜まで東横線で出て乗り換えると12時半には熱海駅。熱海人気はかなり復活していて平日なのにグリーンは割と満席に近い。 バスで後楽園ホテルを目指すと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あかぐり海釣り公園と高浜町2019

過去記事が6年前だから釣り場としてはずいぶんご無沙汰ですが、福井県若狭湾は楽しい。高浜町から車で10分弱のあかぐり海釣り公園は入園料1000円でデッキで張り出したおすすめの有料釣り場。おかずハントの豆アジに加え、沖目をカゴサビキで狙ってみた。翌日は宿のすぐそばの高浜町の護岸でわりと良い思いをしたので合わせてご報告。 子供ちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灼熱の木更津沖堤防、団体ご一行様

MKZの提案で職場の皆さんに釣り大会を企画。なんと17名様の規模となり朝3時半に職場発。朝イチ5時から釣り開始。当然引率者として自分の釣りをする感じではなかった台風前の海はまだうねりもなく鏡のように静かな海。8月ですから大変な猛暑となるわけです。 例年の流れを裏切らず、豆アジー小アジサイズを狙えば釣りたいだけ釣れる。ビギナーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音崎沖でタチウオ、アジ、リレー ♪〜

長い長い梅雨の中、奇跡的に小雨になった連休中、行ってきました、久しぶりの船釣り。初挑戦となるタチウオはMKZの素人アクションに乗ってくれるか?? タチウオは小魚に噛み付いてそのあと飲み込むといった就餌をするので、アタリに合わせるのではなくひたすらに誘って、アタリがあっても、向こう合わせで引き込むのまで、ひたすら誘いの手を止めな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切らないです、三崎港

ことしも夏至近くになると、3年連続の幸運を確かめに行きたくなる。去年も一昨年も大型カワハギに恵まれた三崎港通り矢堤防。大満足でした。 ここでの投げ釣りの長所であり、短所であるのは豊富すぎる魚種。何が釣れるのかわからないのが楽しい一方で、食べられない魚も釣れる。アタリはメチャメチャ多いので退屈しない。 そこへもって特餌であるイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星ザメ

ゴールデンウィークの定番は木更津のキス釣り。ホントは6月がトップシーズンなんだけど陸釣り初心者のご家族とうちの次男坊を連れた釣りは安全と快適と一定の釣果が求められる。そこは木更津でしょうな。 B堤防の先端に5時上陸、東京湾奥の各所でアジが釣れ盛っている今シーズンの意外性を頼ってなんとアジのサビキ釣りから開始。 ハイ。アジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チヌかけちゃったけど。。

だいぶ暖かくなった、はず、が寒の戻りでやや寒い週末、木更津沖堤防に長竿ブラクリで彼岸のフグとアイナメをもう一度探しに参上。まだ早いがキスもいるかと投げ竿も用意。 結果、歩けど歩けど、アイナメのアタリは無かった。30分に一度くらいのあたりはツンツン、ツンツンといつまでも食い込まないホバリング系のお魚=フグらしい。3度ほどかけまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部原漁港

3月に入ってのおか釣りは水温が最低となるため、外房の夜アジくらいしかターゲットはない。そこへ来て外房は3年に渡るアジ不調が続いており、断続的、局地的に回復が見られるものの定番の勝浦港にはなかなか良い音沙汰がない。 そんななか、勝浦に出かけ、地元釣具店で情報収集すると部原と鵜原だね、みなさま口を揃える。 到着時に暗くなってたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸の釣りの定番といえば?

不幸は来るなと思えば来て、来いと思えば来ないという。釣りの外道もそう。嫌われもののフグは堤防で打ち捨てられ、干物になっているのが定番(リリースしないで殺したがる悪い人たちの仕業)でしたが、近年東京湾で大増殖中のヒガンフグは実はショウサイフグより美味なることが知られだした。専門の釣り船が出たり、鉄腕DASH村で取り上げられたり。MKZも2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の旬魚のレビュー

春の魚の旬は短い。魚種別に短い旬の魚を並べて過去記事を引用してみました。一つ言えるのは、旬の走りに手を出すと、まだ高価なのに、あとでもっとおいしくなるおさかなに金を使う羽目になるってことです。以下の順番に追っていけば旬の走りに手を出さずとも、その時期を楽しめます。 まずはサヨリ。 秋刀魚サイズと呼ばれる40cmクラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極寒期の海釣りは船カワハギを選びました

2月の海釣りは外房の夜釣りのアジくらいしかレパートリーがない。釣れなくて良いなら木更津沖堤防や東扇島という手もあるも、渡船料が無駄になるとか、あまりにも期待が薄いので、とか逡巡した結果、冬といえばカワハギ、という安易な結論となった。巳之助丸は昨シーズンの暮れ(2017.12)にご訪問した、電車でGO!なカワハギ釣り宿の老舗。京急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニアコウ

幻の魚をいただきました。1000メートルの深海から釣り上げたという「非売品」。頂いて刺身と煮付けにしたのでご報告。 深海釣りとは2キロの鉄筋オモリを60号の糸(というよりヒモ)に吊り下げて深さ1000メートルの海底からのアタリを待つ超玄人な釣り。着底までに15分かかるというから気が遠くなる。アタリがあっても本命とは限らず、巻き上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家製からすみの作り方と活用方法

10年以上前、小料理屋の板前さんに「からすみは作り方難しいから、プロが作ったものを買ってくるものだよ」と言われ、そう信じていた。小さなもの一腹(=2ふさ)3-5千円くらいを懐を痛めながら買うか、2ミリくらいの厚さに切ったものを5、6切れで800円小料理屋でいただくか。。あまりに高い。同じように思っている、からすみ好きの方、ぜひご一読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニカサゴ

築地(いまでは豊洲か)でもいつもは入荷がなくて、ある時は最高級の値段がつくオニカサゴ。釣り方はというと深目(100-150メートル)を天秤仕掛けにサンマやサバの身餌を装餌して底近くに漂わせるそうな。下田発の漁船に乗ってきた釣友に恵んでもらったので美味しく頂きました。 骨は硬いがアマダイやヒゲダラほどではない。鎧が多くて歩留まりの悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊洲市場魚介仲卸棟、初訪問とあまりにも素晴らしいプレゼント

築地の伝統と利便性が惜しまれる中、豊洲に移転した東京中央卸売市場。自転車にて一度、下見に行くと各卸売棟には見学廊下があって、売り場自体は明確に素人の侵入を拒んでいる。とはいえ、MKZはプロではないものの、仲卸さんとの関係を築いてきた自負があるので、買い物に来ました、と告げて場内に入ることができた。場内は鉄筋コンクリートである以外は、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

晩秋恒例の木更津の中アジ!

今年も好調な木更津沖堤防のアジ。昨年と同じく秋になっても10-15cmの豆アジが釣れ盛っており、数釣りは保証できるが良型となると。。。 小雨の降る曇天はやや北風が強い。11時出船でB堤先端に渡堤して、まずは投げ釣りを。幸先よく2投目に18cmクラスのキスがかかるものの 後が続かない。というのも今回は赤イソメ餌なので食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の西伊豆のソーダはタナが深くてオキアミがお好き

昨年満喫した西伊豆コテージでの釣り宿泊。今年はMKZの年上の皆様と共に4人で宿泊いたしました。釣りは昨年ソーダが入れ喰ったコバルト堤防にて夕方開始としました。 先行者はすべて夜明けからの東京の来訪者のようで、先端の特等席は一人で来たというお兄様が手堅い道具で遠投カゴ釣りをやっている。 隣を開けてもらってMKZは昨年、勝ち越し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路島観光ホテルは熱いアツい釣りスポットなのです

両親とともに訪れる淡路島。毎回、タマネギ買ったりはも買ったり、焼き穴子買ったり、買い物がついでのお高いドライブですが、今回は平日夏期休暇にあわせて宿泊してみた。なんと、淡路島観光ホテルにはプライベート釣りコーナーがある!昼に到着して、釣り場へ(大浴場のフロアからベランダに出る感じ) 洲本市は淡路島の島都。市街地から少し南下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の須磨はサバが釣れるはずだが…

だいぶ時間が経ってしまった記事。 七月の須磨海づり施設は大サバが釣れる。当たり外れは激しいもののほぼ毎年、40オーバーが陸続きの海づり公園で釣れる。今年もチャレンジしたけど、ここ10年近くいい思いをしていない。昼前から昼過ぎの時間帯、他の魚種に浮気せず、8号の浮きサビキで狙ってみた。 潮は最初効いてなかったのご途中から西から東に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の熱海海釣り施設は面白い!

出張がてら、本当の手ぶらでスラックスと革靴姿で行ったみた。熱海海釣り施設はビギナーシッター付き、完全手ぶら受け入れ施設だった! 9月14日、長雨の曇天で空いてるだろうと、行ってみたところ、完全道具貸し出しエリアが空いており、入釣。貸しざお餌付で確か千円、入場料合わせて500円。残念といえばそうですが、釣り方は足元のトリック釣り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月の木更津の狙い目は。。珍魚でした

例年8月は遠くに行かないので、釣魚が豊富でないことはわかっていても木更津に行ってしまう。今年はアジが好調なんですが、型が小さい。しかし、木更津では小アジと時間がずれて最高級品の中アジが釣れることもあり、やっぱり行ってみることにしました。B堤防先端のアジポイントには2人ほど先行者がいるものの十分入れる。 傷んだ道具を修理して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の鹿児島隼人町小浜のキス

鯛釣りに完敗したあと、銀行ポイントで釣りをしてきました。義理母といっしょにチョイ投げで近距離のキスの強い当たりをたのしむ釣り方です。何度か紹介したこの浜は、場荒れが全くなく、根掛かりもないものだから餌の数だけキスが釣れる。難をいうならば型が小さいこと。大きくても2年ギス、15-18cmでほとんどは12-15cmクラスです。 外道は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市内のオススメ

北海道での食い道楽について御指南いたします。ご訪問時のおすすめをいくつか列挙いたしました。 オススメ1:夕日を見ながら札幌市を見下ろしてビールを飲む 30分をスタバでアイスコーヒーでも、と思ったものの、思いとどまって札幌プリンスホテルのスカイラウンジに行ってみた。28階北向きのこのラウンジは手前に大通公園、札幌駅、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富良野ー麓郷、「北の国から」のお土産

北海道滞在の最終日は朝から夕方まで時間があったので何しようか?で、半日以上、とくればレンタカーが相場なんですが、北海道で車観光すると目的地にいる時間より移動時間の方が長くなる。となれば一人遊びにはドライブは向かないわけで、乗り鉄することにした。7時、札幌駅発、普通電車、滝川行きに乗車。 駅弁は気分も上がるイクラシャケの親子弁当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島/錦江湾での真鯛狙い2連戦

出張と帰省がドッキングしたような鹿児島滞在中に仲間と、それから一人でほぼ人生初めての高級魚釣りに挑戦。ことし鹿児島では好調とされる真鯛釣り。。。 2018.7.13 初回は仲間5人との仕立てでタイラバとよばれる疑似餌での釣りに挑戦。数年前からブームになった釣り方で、釣魚の王様マダイをこんなもので仕留められるもんか。。と常々思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地物イワイソメの魔力と夏の特大カワハギ

三崎港の6月はアツい。25cmのキスが釣れたりするから。今回、キスは小物でしたが大きなカワハギがつれたので報告。 前記事のごとくで、5月にフライイング気味に特エサ・チロリを武器に訪れた三崎港通り矢では、20cmオーバーのキスと20cm大のカワハギが釣れた。今回は、昼出かけで途中の釣具屋さんでイワイソメを仕入れたのを友人と二人半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢八景発LTアジ沖釣り釣行

昨年末から続く沖釣りチャレンジ、今回は東京湾のアジ 金沢八景の船宿、荒川屋7時半岸払いの半日船に乗船。ライトタックルとはオモリ30-40号で水深50メートル以内の浅場を狙う釣りで、オモリが流される深場や潮の早い海域には無理なので、本日は30号のビシにイワシミンチを詰めて赤タン餌の2本針で水深15m程度でアジを狙う。 ほぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も数より型でした、通り矢堤防2018+佐島港は鮮魚天国

2年連続良い思いをした三崎港、通り矢堤防。梅雨時が本調子となるこの釣り場はまだホントは本調子でないものの、時間が空いたので朝マヅメ限定のショートフィッシング 暗いうちから、と思って2時に自宅を出て3時過ぎには三浦縦貫道路をおりたものの、そこから三崎に向かう途中の釣り餌屋さんがまだ開いてない。。そのすぐ先に24時間営業の「三浦釣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more